UNI-PEX TR-215CS 6W充電式メガホン(サイレン付)【smtb-s】

UNI-PEX TR-215CS 6W充電式メガホン(サイレン付)【smtb-s】「総理の意向」発言否定 内閣府調査結果、文科省と矛盾 加計問題文書

モデル: 4935
メーカー希望価格:22464円(税込)
販売価格:18870円(税込)
ネット在庫状況: あり

UNI-PEX TR-215CS 6W充電式メガホン(サイレン付)【smtb-s】 UNI-PEX  カラー    お届け目安 3~4日   製品概要 (本体)・使用電源:密閉形ニッケルカドミウム蓄電池(9.6V600mAh)・出力:定格6W最大10W・サイレン周波数:500Hz~1kHz、繰り返し周期5秒・通達距離:音声:約250m、サイレン:約400m・電池持続時間:音声:約10時間、サイレン:約30分(満充電状態より)・電池充電時間:放電終止状態から満充電まで約50時間・寸法:口径φ155全長250・外装:ホーン、カバー部(ASA樹脂):マンセル8R4/12近似色レッド本体、ハンドル部(ASA樹脂):マンセル3.5B5.5/0.5近似色グレー・適応規格:IEC60529IP65JISC0920防噴流形、及び耐塵形・質量:約810g(内蔵蓄電池を含む)・電源電圧:AC100V50/60Hz・消費電力:1VA(±25%)・出力電流:18mA(±25%)・出力電圧:DC9.6V(充電池接続時)・寸法:幅155mm高さ135mm奥行90mm・外装:(ABS樹脂):マンセル5Y9/1近似色アイボリー・質量:約355g・電源コード長さ:約1900mm・付属品:取扱説明書(保証書付き)1、保守確認カード1、非常用メガホンラベル1、反射ラベル1、木ねじ4・特徴・用途:外観は耐候性に優れるASA樹脂を採用しています。外観ビス類はステンレス製を使用しています。ニカド電池を使用した充電式です。片手で持ちながら音量調節ができ、使いやすく機動性に優れています。電子サイレンを内蔵していますので、スイッチ操作でサイレンを吹鳴させることができ非常時の避難誘導や群衆整理に最適です。 

 政府の国家戦略特区を活用した人気TOP学校法人「加計(かけ)学園【お取寄せ品】 ペリカン 1560 (フォームなし)OD 560×455×265 1560NFOD 1個 【送料無料】」の獣医学部新設を巡り、山本幸三地方創生担当相は16日の記者会見で内閣府の調査結果を発表し「総理のご意向」「官邸の最高レベルが言っている」と文部科学省に早期開学を促す発言をした職員はいないと語った。「発言はあったと受け止めた」とした文科省の再調査結果と食い違送料無料★ウェルカムボード ディス イズ ジャパニーズ 畳ウェルカムボード 小【畳を使ったウエルカムボード】【和のウエルカムボード】っており、16日の参院予算委員会集中審議でも矛盾が露呈。一方、安倍晋三首相は一連の対応への反省を表明した。

 内閣府は15、16日、担当部署のパソコンを調べ、職員9人から聞き取り調査。文科省などと調整したこと取り付け不可を示す8文書の存在を確認した。し文具・オフィス用品 (業務用50セット) シャチハタ Xスタンパー補充インキ30ml XLR-30 藍 顔料 【×50セット】かし、発言を裏付ける記載はなく、聞き取りに対しても全員が否定した。

 8文書には、獣医学部新設の条件として「広域的に存ワンワン吠えるオーナメント 柴犬(大) / ワンワン吠える!!リアルなオーナメント☆在しない地域に限る」との文言を追加し、事実上、加計学園だけに限るよう萩生田光一官房副長官が内閣府の藤原豊審議官に修正を指示したとするメールが含まれる。山本氏は記者団に自らの判断で文言を追加したと説明。萩生田氏も「していない」と否定した。

 山本氏はメールを作成した内閣府職員が調査に、「事実関係を確認しないまま発信【25%OFF ウェルカムオブジェ】ラブリーカップケーキタワー ケーキタオル38個セット(プレーン&チョコ)【名入れ】【送料無料】した」と証言していると説明。参院予算委でこの職新品大セール員について「文科省からの出向者で、陰に隠れ本省にご注進した」と非難した。

 文科省は15日、民進党などが示した【まとめ買い】15mm玉 トラメ 御念珠 【5点】SAVRINA『FS』関連の19文書と同じ内容の14文書が見つかったとする再調査結果を公表。内閣府側が「総理のご意向」などと指摘したとする文書も含まれ、松野博一文科即納相は会見で「この種の発言があったと文科省職員は受け止めた」としている。

 両府省の調査の食い違いについて、菅義偉官房長官は16日の会見で「省庁間で激しいやりとりをし、それぞれ主観的に考えまつやのライスるん 白米+ホタテ貝カルシウム 50食入りていることだ」と指摘。矛盾を解消するための追加調査はしないとの見解を示した。

 首相は「調査にSALE価格で提供時間がかかったことを率直に反省したい」とし、「セレブ愛用対応に批判があることについて真摯(しんし)に受け止めたい」と表明。新設計画については「法律にのっとった意思決定だったことに一点の曇りもない」と強調した。

=2017/06/17付 西日本新聞朝刊=

西日本新聞のイチオシ [PR]

51.la